XBOX Series X|Sを最大限に楽しむ為の設定を徹底解説!

www.youtube.comこんにちは、師乱です。

 

しばらくXbox Series Sを触ってみて、Xbox Series系の商品を最大に楽しむための設定が分かりました!

 

今回はそれを解説しようと思います。

 

 



①周辺機器の設定

 

モニターやテレビをゲームモードに設定する

f:id:shiran_z:20210222175910p:plain
テレビやモニターの設定には「通常モード・シアターモード・ゲームモード」のようなものがだいたい用意されています。「ゲームモード」に設定すると映像がきれいに出力され、表示ラグが軽減されます。

 

俺のモニターの場合は、FPSをプレイするのでFPSモードってやつに変えています。これは反応速度が速いモードです。かなり快適にゲームができるようになります。

 

外付けSSDを本体に直接刺す

前回の動画で「外付けSSDにハブをかませる」と言ったんだけれども、その状態でSSDをつないでしまうと、それが速度の低下を引き起こしてしまうことが分かりました…。

外付けSSDは本体に直接刺したほうが良いです!

 

ちなみに外付けSSDにゲームを入れたとしても、クイックレジュームは使えます。なので次世代型Xbox向けのアップデートがされていないゲームは、外付けSSDに入れてしまっても問題はないかなと思います。

 

アストロアンプも本体に直接刺す

アストロアンプはハブでつなぐと、不安定な動作になりがちです。音が出たり出なかったり、音が小さかったり大きかったり…。ちょっと直刺しの方が良いんじゃないかなと感じています。

 

ファームウェアは最新のものにアップデートしたうえで、本体に直刺しすると音もけっこうクリアになりますよ。ただそれでも俺が少し古い型を使っているせいか、ホワイトノイズがのっていました。Xbox版の新型の製品を使うと軽減されるんじゃないでしょうか。

 

本体の周りに極力物を置かない 

排気ファンをしっかり機能させるため、なるべく本体の周りは片づけましょう!

本体の穴から空気を吸って吐くっていう仕組みなので、周辺にものがあったりすると、うまく空気を吸えなくなっちゃいます。なのでできるだけ周りは片づけてね。俺が一番苦手なところなんだけれども…。

 

②本体設定

 

ネットワークステータスを確認、調整

f:id:shiran_z:20210222180057p:plain
「ネットワークの設定」から現在のネットワークステータスを確認しましょう。

 

IPv4」「IPv6」の表示がありますが、「NATタイプ」の表示が「オープン」なる状態が理想です。「IPv4」の表示しかない場合は、契約しているプロバイダに「IPv6」に対応しているか確認してください。「IPv6」を追加するとだいぶネットの速さが変わるので、快適にゲームができると思います。

 

もちろん「IPv4」にしか対応していなくても、問題なくネットを使用したゲームができます。そこまで重く捉えなくても大丈夫です。

 

「NATタイプ」が「中間」と表示されていたら、いちおうネットワークのテストをすると直ることもあるので、試してみてください。

 

もし直らなかったら、モデム・ルーターをすべて再起動してください。そうすることでオープンに戻る可能性があります。それでも直らない場合は、俺の方にコメントをください!状況によっては解決策が分かるかもしれません。

 

テレビとディスプレイのオプションを選択

f:id:shiran_z:20210222180126p:plain

f:id:shiran_z:20210222180136p:plain
「ビデオ再現度とオーバースキャン」から「画面」をHDMIに設定してください。

「自動」でも良いんですが、「画面」にすることで後の設定がかんたんになります。

「画面」を選択すると画面が一気に荒くなるんですが、ひとまず無視して大丈夫です。

 

次は「色空間」を「PCのRGB」に設定してください。これで発色が良くなります!

「色深度」はお好みで選択してください。それぞれ選択するとお使いのモニター・テレビで対応しているかしていないかが分かるので、いじってみましょう。

 

次は「画面の解像度」をお使いのモニターに合わせて設定してください。

Xbox Series Xの4Kは「ビデオモード」の中の「4Kを許可」にチェックを入れると使用できるようになります。

 

次は「リフレッシュレート」。ここが一番重要!

60Hzから120Hzに変更すると、120fpsで描写されるので、とてもぬるぬるになります。

パソコンでプレイしているような感覚に近づきますよ。

 

ここで朗報なんですけれども、HDMI2.1以下でも120fps対応できるということが分かりました!俺のモニターがHDMI1.4対応なんですが、それでも1080p/120fpsが出ます。リアルタイムのフレームレート表示はモニター側の設定でできるので、設定して確認してみてください。「120Hz」と表示されていればなんの問題もありません。20000~25000円くらいのモニターでも120fpsでゲームができるんですね。

 

スマホ等を使用したストリーミングプレイ用の設定

f:id:shiran_z:20210222180159p:plain
ここからはスマホ等を使ったストリーミングプレイ用の設定を説明します。

 

まずは「電源モードと起動」→「クイック起動」を選択してください。すると「モバイルデバイスからの本体ゲームのプレイ、インストール、および管理」が可能になります。

省電力の待機モードみたいな感じですね。

 

次は「ネットワーク設定」→「リモート再生をテストする」を選択。

この機能ではスマホでのリモートプレイが可能かどうかテストできます。



f:id:shiran_z:20210222180213p:plain
こちらは外付けSSDを付けている人向けの設定です。

「システム」→「データ保存機器」を選択してください。

ここで「外付けSSD」を既定のインストール場所に設定しましょう。

 

Xbox Series X|Sに対応しているゲームでない限り、外付けハードディスクに入れて本体のストレージを圧迫しないようにした方が良いと思います。

 

外付けSSDに入れてもクイックレジュームは使用できるので、内蔵にこだわる必要はないかなと。外付けから内蔵に移動させることも可能なので、アップデートなどが来たら柔軟に対応しましょう。120Hz出したいゲームとかは内蔵の方が良いです!

 

Xboxスマートフォンアプリの設定

 

次はXboxスマートフォンアプリの設定です。

アプリでVCしたり、リモートでゲームのダウンロードができたりと何かと便利なので、まずはアプリにログインしておきましょう。

 

ログイン後に右上のXboxマークを押すと、連携中のXbox本体が表示されます。Xbox OneからXbox Series X|Sに買い換えた人は、ここにしっかりXbox Series X|Sのイラストが表示されているか確認してください。正しい本体と連携できていないと、ストリーミングできません。

 

f:id:shiran_z:20210222180238p:plain
もしストリーミングできない場合は、「リモートコントロールを開く」を押してください。

次に上の3点リーダーを押して、「本体を切り替える」から連携する本体を変更することができます。俺はこれになかなか気づけなくて、ずっとストリーミングできませんでした…。

 

これでお伝えする設定は以上になります!

Xbox Series X|Sを100%楽しく遊べるんじゃないかなと思います。

みなさんもぜひ試してみて、楽しいXboxライフを送ってください。

 

【eスポーツライターゆきのSNS

Twitter:@yuki117gaming 

 note:https://note.mu/yuki117

Xbox・eスポーツに関すること発信中!師乱のSNSもチェックしてね】

Twitch:https://www.twitch.tv/shiran29

Twitterhttps://twitter.com/shiran_z29

Instagramhttps://www.instagram.com/shiran_z29/

YouTubehttps://youtu.be/tAlv6uaOVnY

Pixel5で快適にゲームはできるのか?CPUの性能等ベンチマークで徹底検証!

www.youtube.com



f:id:shiran_z:20210131220848p:plain

iPhone 8からGoogle Pixel 5に携帯を変えました!

数日使っていろいろ分かったことがあるので、今回はPixel 5をレビューしていこうかなと思います。

 

そもそもなんで俺がiOSからアンドロイドに転向したかっていう理由なんだけど、

まずProject xCloudがiPhone 8で使えるかどうかが不安だったんだよね。

今月にはiOSのプレビュー版提供が発表されたけど、ブラウザのみの対応になってます。

 

※Project xCloudとは

マイクロソフトが展開するクラウドゲーミングサービス。

アンドロイド搭載のスマートフォンタブレットを用いて、ストリーミングでさまざまなゲームが楽しめる。

2020年11月18日から日本でもプレビュー版が提供されており、『バイオハザード7 レジデント イービル』『デビル メイ クライ 5』『Halo: The Master Chief Collection』などの人気タイトルがプレイ可能。

2021年春にはPC・iOS向けにプレビュー版が提供される予定(※iOSはブラウザ版のみ)。

 

・参照

game.watch.impress.co.jp

 

ちょっとミスでProject xCloudのプレビュー開始前にPixel 5買っちゃったので、普通のゲームアプリでレビューしていきたいと思います!

 

さっそく実機を見ていきましょう!

 

f:id:shiran_z:20210131221731p:plain

左側がiPhone 8、右側がPixel 5です。画面サイズはPixel 5の方が大きいね。

Pixel 5の画面サイズは6インチになっています。

画面サイズの差はかなり大きいです。

ディスプレイの発色の良さ、重さはそんなに変わりません。

 

ゲーム機としてはiPhone 8の方がちょっと優秀かも

 

次はCPUのベンチマークを検証!

3Dマークというソフトウェアで測定します。

 

f:id:shiran_z:20210131221754p:plain
・測定結果

iPhone 8:3618

Pixel 5:2799

 

スコアの差が1000くらい開いてますね…。

 

測定中もちょっとだけPixel 5のほうがカクついていました。

iPhone 8が60hz、Pixel 5が90hzでこの結果なので、CPUに負荷をかけているときはけっこうカクツキが目立つ可能性があります。

未プレイなので確証は無いのですが、PUBGモバイルの4Kやウルトラ画質をPixel 5では使えないという情報も。

 

CPU性能やフレームレートに関してはPixel 5の方が低いと言えるので、グラフィック性能を求めるのであればあまりおすすめできないかもしれません。

 

メモリの量は2倍以上の差をつけてPixel 5が勝っていますが(iPhone 8:3GB、Pixel 5:8GB)、ゲーム機としてはiPhoneの方が強いと言えそうです。

 

まあ俺はスマートフォンでがっつりゲームをする気があんまりないので、この性能差はあまり気になりませんでした。Pixel 5は普通のスマートフォンとして使う分には何の問題もなさそうです。

 

ただ、これから提供されるProject xCloudで快適に使えるかどうかは少し不安です。 

Googleの最上位ハイエンドモデルであるPixel 5は、Pixel 4よりも安い値段。

値段相応のスペックにまとまってしまっている感じは否めません。

 

ちなみにPixel 5はAndroid端末ですが、SDカードを入れられないです。ちょっと不便に感じる人もいるかもしれません。ただ、写真などを入れるGoogle Driveの容量が

128GBというのは強みでしょう。

 

スマートフォンでがっつりゲームをやりたいならROG Phone 3などのゲーム用機種、Googleブランドの安心感を買いたい人はPixel 5を買うのがおすすめです。Pixel 5はOSの更新3年分が約束されています。

 

一般的なゲームアプリで遊ぶならPixel 5でも快適

 

最後に、実際にPixel 5でゲームが動いてるところを見てみましょう。

今俺がやっているゲームが『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』っていうゲームなんだけど、その最高設定で動かしてみます。

 

f:id:shiran_z:20210131221819p:plain

f:id:shiran_z:20210131222453p:plain

俺の目が節穴なのかもしれないけど、60FPS以上では動いてるような気がしました。

このモニター自体が90FPSなのであと30FPSくらい余しているんですが…。

このアプリケーション自体が60FPSで動くという設定になっているのであれば、何の問題も無いと思います。

 

キャラクターが同時に複数描画されると少しカクツキが発生することもありますが、あまり気になりませんでした。さすがにFPSタイトルなどを本気でプレイしている人には向かないかもしれません。

 

Pixel 5はライトゲーマー&普段使いにおすすめ

 

Pixel 5は一般的なゲームアプリで遊ぶ分には快適で、操作性もかなり良いです。

特に背面に付いている指紋センサーの感度がとても高い!すぐにロックを解除してくれます。iPhoneのときも指紋認証は使ってたんだけど、なんか使いづらくてね…。

画面操作も何の問題もなくて、すらすら動きます。

普段使いのスマートフォンにおすすめです。

 

あとはProject xCloudをプレイしてみて、どうなるかが気になりますね。

Pixel 5はもちろん5Gに対応しているので、5Gが普及してからだいぶ使い勝手が良くなるんじゃないでしょうか。いつかカメラの感想などもお伝えできたら嬉しいです!

 

【eスポーツライターゆきのSNS

Twitter:@yuki117gaming 

 note:https://note.mu/yuki117

Xbox・eスポーツに関すること発信中!師乱のSNSもチェックしてね】

Twitch:https://www.twitch.tv/shiran29

mixer:https://mixer.com/SHIRAN29

Twitterhttps://twitter.com/shiran_z29

Instagramhttps://www.instagram.com/shiran_z29/

YouTubehttps://youtu.be/tAlv6uaOVnY

【これを見て選ぼう】Xbox Series XとSのできる事と性能を比較!

www.youtube.com


ついに発売日まであとわずかとなったXbox Series XとXbox Series S!

今回はこの2つの次世代機を比較をしていこうと思います。

まだどちらを買うか悩んでいる…なんて方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

Xbox Series Xは次世代ゲームを最高の状態で楽しみたい人向け

 

まずはXbox Series Xの性能を説明します。

 

・CPUはRyzen

PS5もXbox Series Xもほぼ同じようなCPUを使ってます。

細かく言ってしまえば、CPUはXbox Series Xの方が強いと言えるかもしれませんが、微々たる差だと思います。

問題となるのはグラボやSSDの性能差です。

 

GPUはNAVI2というRadeon系(AMD製)

GPU性能の指標となるテラフロップスという単位があるのですが、

この指標は数字が高ければ高いほど高性能を意味します。

そしてXbox One Xは6テラフロップスでしたが、

なんとXbox Series Xは12.15テラフロップス!

4K/60fpsも可能で、PS5の約10テラフロップスという記録よりも少し高いです。

 

SSDはNVME接続の1TB

NVMEは今一番新しい規格となっています。

ただPS5のほうが性能的には良いと予想できるので、 

ここでどういう差が出るかが次世代ゲーム機の戦いと言えるでしょう。

 

・物理メモリは16GB

いま流通しているパソコンと大体同じですね。

 

・DirectX12対応でレイトレーシング対応

レイトレーシング対応により、影や光の表現がよりリアルになります。

 

・「DolbyVision」「DolbyAtomos」に対応

「DolbyAtomos」とは三次元オーディオコーデックのこと。

より立体的な音響が期待できます。

 

一方「DolbyVision」では、発色の良さやコントラストの幅広さが味わえるそうです。

PS5に対応するかは不明なので、要注目の機能ですね。

ただ、「DolbyVision」のPVを見るとビビット感が強いかも…?

アメコミ感を感じるシーンもありましたが、より自然になるように改良される可能性もあります。

 

・外付けSSD(1TB)はUSB3.0対応

専用SSDじゃないと次世代機ゲームは遊べないっぽいので、

専用の拡張SSD以外はまだ買わないほうがいいかもしれません。

 

・専用のオーディオチップがX,Sに搭載

なんと、「windows sonic for headphones」よりも高性能らしいです。

ヘッドフォン、スピーカー共に立体的な音が楽しめそう…。

やはりサウンドXboxがPSよりも力を入れている領域ですね。

どんなゲームでも音は重要なので、高い臨場感や没入感を体験できるのが楽しみです。

 

・ディスクドライブ搭載

Xbox Series Xはディスクドライブが搭載されているため、

ブルーレイが視聴できます。ウルトラHDにも対応しているのがうれしいですね。

 

・HDMI2.0からHDMI2.1へ

Xbox Series XはHDMI2.1に対応しています。

帯域が広がってるから映像がロスせず、4k/60fpsがネイティブで動くんです!

HDMI2.12.1対応のキャプチャーボードとかが今後出てくるはずなので、

Xbox Series Xで配信したい人はチェックしておきましょう。

 

・価格は¥49,980 (税抜)

だいたい5万円ちょっとで買えちゃう!

Xbox Oneはたしかもうちょっと高かったですね。

ゲームやるだけだったらパソコンいらねーじゃん…。

 

ライトゲーマーやフレームレート重視の人ならXbox Series S

 

次はXbox Series Sの説明に入りましょう。

 

・CPUとGPU

CPUの性能はXbox Series Xより少し下がります。

GPUの性能は4テラフロップスで、Xbox One Xの6テラフロップスに比べると低いです。

ただ、SSDにはXbox Velocity Architectureが採用されいます。

SSDのデータの書き込み・読み込みを高速にする機能です。

 

・画質よりフレームレート重視なXbox Series S

後方互換ではXbox Oneのゲームを2倍のフレームレートでプレイできます!

Xbox Series Sは画質ではなくフレームレートを稼ぐっていうスタイルです。

 

なので、もしXbox One Xを持っている人なら、ゲームを高画質でやりたいときはXbox One Xを使って、フレームレートが重要なゲームをやるときはXbox Series Sを使うといいかもしれません。クイックレジューム・レイトレーシング・バリアブルレートシェーディング・120fpsにもXbox Series Sは対応しています。4k/60fpsだけ厳しいですが、最大1440p(最適化によっては1800p)の出力は可能です。フルHDよりちょっと画質の良い映像で120fps出せるのは最高ですね!

Xbox One Xよりフレームレート重視になってますね

 

・価格は¥29,980 (税抜)

 Xbox Series Xよりも非常にお手頃な価格帯で手が出しやすいのが特徴です。
2機種持ちにも向いています。

 

SSDは512GB

Xbox Series XよりXbox Series Sの方が少しだけゲームデータのサイズが小さいらしいです。4kで60fps出すためのテクスチャの量などが存在するので、その無駄を省いたということでしょう。Xbox Series Sを買ってくれた人へ向けての細やかなアプローチが素晴らしいです。急いで拡張SSD買うのではなく、ひとまずXbox Series Sだけでゲームをプレイしても大丈夫と言えます。

 

まとめ

 

やはりヘビーゲーマーにはXbox Series Xをおすすめします。

なぜかというと、先にXbox Series Xを買っておけば、後々出てくるAAAタイトルを最高の画質で楽しむことができるから。ゲームを最高の状態で楽しみたい、配信したいという方はXbox Series Xをおすすめです。

 

もしXboxシリーズを初めて買う、ディスクドライブを使わない、できるだけコスパ良くゲームをしたい、フレームレートが高い状態でゲームをしたいという方ならならXbox Series Sが良いでしょう。

 

Xbox Series Sが3万円台で買えて、120fpsでゲームができるのはめちゃくちゃメリットあります。ニンテンドースイッチよりちょっと高いくらいの値段ですからね。たとえばフォートナイトやりたいですよって場合でも、マウスとキーボードにXboxが対応するので…。

 

今までスイッチでやってたけど、30fpsだしもうそろそろちゃんとしたフレームレートでゲームをやりたいと思ったときにもぴったりです。フォートナイトが好きなお子さんにねだられた、PS5とセットで買いたいという状況にも合いそうですね。Xbox Series Sはいろんな人に買ってもらえるコンソールだと思います。

 

もしXboxで知りたい情報がある人はいつでもどこでも質問してください!

なんでも調べます。皆さんの声をいろいろと拾っていくつもりです。